VA・VE提案事例

複数の部材を共取りができるよう板厚を統一して設計

加工前イメージ

抜き加工で作るひとつの製品が複数の板厚で構成される場合、複数種類の厚みの材料から抜き加工を行うことになります。特に部材が小さくなればなるほど、部材1つに対する調達コストは上がり、さらに抜き加工に際しての歩留まりも悪くなってしまいます。

加工後イメージ

仕様上可能な限りで、それぞれの部材の板厚を統一することにより、同一の材料からの共取りを行うことができるようになります。そうすることで、調達コストを低減することができます。また抜き加工の歩留まりも大きく改善され、コストダウンにつながります。

板厚を統一することは即効性のあるコストダウン方法の1つです。例えば窓抜きを行う場合、板厚が同じであれば、本来は抜かれて廃材となる窓部を利用して抜き加工を行うことで、材料を有効活用することができます。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例