VA・VE提案事例

製作品は、組立構造にすることで歩留まりを改善する

加工前イメージ

トムソン加工の製作品には、ガスケットのように内側に穴があるものがありますが、この穴部はトムソン加工時にはロスとなります。そのため、製作品が大型になればなるほどその材料ロスは大きくなってしまい、歩留まりが悪化します。

加工後イメージ

仕様上問題がなければ、製作品を組立構造にすることで、材料ロスを抑えて歩留まりを改善することができます。特に製作品が大型になればなるほど、歩留まりの改善幅は大きくなります。

トムソン加工の製作品には、内側に穴が存在するものもありますが、その穴部はトムソン加工時にロスとなります。そこで製作品を組立構造にすることでこのロスを抑え、歩留まりを改善できます。この効果は製作品が大型になればなるほど大きくなります。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例