VA・VE提案事例

小ロットの抜き加工では、トムソン加工に適した設計をする

加工前イメージ

抜き加工において、高い寸法精度や角部のRを小さく指定すると、金型での加工が必要になります。しかし金型のイニシャルコストは非常に大きいため、小ロットだと製品1個あたりのコストが割高になってしまいます。

加工後イメージ

仕様上問題がなければ、寸法公差:±0.3㎜、角部のR:2.0以上に設計することで、トムソン加工が適用できます。トムソン型のイニシャルコストは金型に比べて小さいので、製品1個あたりのコストを抑えることができます。

金型はイニシャルコストが非常に大きく、小ロットだと製品1個あたりのコストが割高になります。仕様上問題がなければ、寸法公差:±0.3㎜、角部のR:2.0以上と予め設計することで、トムソン加工が適用でき、製品1個あたりのコストを小さくできます。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例