VA・VE提案事例

大型ワークの抜き加工では、トムソン加工に適した設計をする

加工前イメージ

大型ワークを抜き加工するには、大型サイズの金型が必要になります。ですが、そのような金型は自社内で賄えない場合も多いです。その場合、専用金型の手配が必要になり、大きな導入コストが発生してしまいます。

加工後イメージ

仕様上問題がなければ、寸法公差:±0.3㎜、角部のR:2.0以上に設計することで、トムソン加工が適用できます。このようにすることで導入コストを抑えることができます。

大型ワークを金型プレスで抜き加工する場合、大きい金型が必要になり、導入コストが大きくなります。仕様上問題がなければ、寸法公差:±0.3㎜、角部のR:2.0以上と予め設計することで、トムソン加工が適用でき、導入コストを抑えることができます。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例