VA・VE提案事例

ワークの形状・寸法は取数が多くなるように設計する

加工前イメージ

トムソン加工において、取数が多くなればなるほどコストダウンへとつながります。上図のような設計ですと、デッドスペースが発生しまい、取数が少なくなってしまいます。

加工後イメージ

トムソン加工においては、仕様上問題がなければ、ワークの形状・寸法の設計を変更し、取数を多くすることで、コストダウンを実現することができます。更に、金型に比べ、トムソン型は設計変更に伴う型の改造コストを低く抑えることができます。

トムソン加工では取数が多くなればなるほど加工コストを抑えることができます。仕様上問題がない範囲で、取数が多くなるようワークの形状や寸法を設計することで、コストダウンが実現します。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例