VA・VE提案事例

リピートするなら、レーザー加工からトムソン加工へ工法転換する

加工前イメージ

上図のような製作品はレーザー加工でも製作することが可能です。レーザー加工は、型の製作が不要なのでイニシャルコストが小さく、小ロットならば低コストで抜き加工をすることができます。しかしリピートするとなると、型が存在しないことから生産効率が悪いため、却ってコストが上がってしまいます。

加工後イメージ

リピートする場合は、トムソン加工を適用して型を製作するほうが、都度レーザー加工を行うより生産効率が向上します。そのため、レーザー加工からトムソン加工へ工法転換することで、トータルで見ればコストダウンを行うことができます。

レーザー加工は型製作が不要なためコストを抑えて加工することができます。ですがリピートでの製作を行うならば、トムソン加工を適用するほうが生産効率が向上し、トータルで見るとコストダウンとなります。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例