VA・VE提案事例

トムソン加工では仕損率を下げるため、形状幅を増やして設計する

加工前イメージ

トムソン抜き加工品において、ハンドリング時のことを考慮しておくことは重要です。左図のように形状幅を小さく設計してトムソン加工を行うと、輸送時などにおいて割れや欠けが発生しやすくなり、結果として仕損率が上がってしまいます。

加工後イメージ

トムソン抜き加工品のハンドリング時における仕損率を下げるためには、仕様上問題がない範囲で、形状幅を大きくして設計を行うことが有効です。こうすることで、輸送時などでも割れや欠けの発生を抑制し、仕損率を下げることに繋がります。

トムソン抜き加工品においても、輸送などハンドリング時にことを考慮しておくことは重要です。問題がない範囲で形状幅を大きく設計することで、割れや欠けの発生を抑制することができ、仕損率を低減することが可能となります。

コストダウン提案事例

トラブル防止提案事例