2020/12/25 形状・バリ/ダレ改善

厚く硬い材質の「えぐれ」「ダレ」を大幅低減

%e5%af%be%e7%ad%96%cf%863-0

こんにちは。抜き加工.comを運営する、㈱福田工業 技術部のIです。

抜き加工.comでは、トムソン加工(ビク抜き)における様々な課題を解決することでお客様の悩みを解決すると同時に、高精度加工にも取り組み「抜き」におけるプレス加工の代替工法としてトムソン加工がご提供できるよう、日々研鑽を重ねております。

その中で、今回皆様にお届けする情報は、【厚く硬い材質の「えぐれ」「ダレ」】を大幅低減させた取り組みです。

 

厚ものの材質を抜き加工された事がある方はご存知と思いますが、普通に加工を行うと、下記の断面図のようになりますね。これは、トムソン加工(ビク抜き)の世界では、当たり前・仕方ない・そんなもの とされてきました。

 

 

こんな感じで、中心部がえぐれしまうと、これを容認頂くか、もしくはえぐれが問題にならない製品にしか、トムソン加工は採用されることがありませんでした。

 

しかし、抜き加工.comには、日々さまざまな業界・お客様から抜き加工に関するお問い合わせを多く頂いており、その中でも「えぐれ」に関しては解決して欲しいというお声も多く、我々も何とかならないものか・・・と改善するため様々な角度から検討を行っておりました。

 

そして、ついに!諸条件を調整し「えぐれ」を改善したのが、こちらです。

 

 

いかがでしょうか?見事にえぐれが改善されたことがお分かり頂けると思います。これはPASCOと呼ばれる厚紙に似た材質なのですが、脱プラに使用されることが多い、硬くて厚い材質です。

そもそもがトムソンで抜き加工を行うのが難しいところを、抜くだけでなく えぐれ も改善することができたのです。

 

さらに、今回の改善はえぐれだけでは留まりません。次の写真を見て下さい。

対策前の外観写真と拡大写真をご覧ください。ささくれのようなダレが確認できると思います。

 

 

 

 

諸条件を整え、改善した抜き加工品が、コチラです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

ほぼダレが無くなっているのがお分かり頂けますでしょうか?

 

抜き加工.comを運営する㈱福田工業には、様々な業界・お客様から、様々な材質・板厚・形状・課題解決の要望を頂き、日々それらを解決することでお客様に喜んで頂いております。さらにこうした技術開発を積み重ねていくことで、どこにも真似のできないトムソン加工技術を提供していきたいと考えております。

 

まずは、硬い・厚い 材質の抜き加工でお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

技術部 I

「形状・バリ/ダレ改善」に関する記事一覧

2020/12/25
厚く硬い材質の「えぐれ」「ダレ」を大幅低減
2020/05/12
抜き加工面のテーパー形状を改善